①書き始めは、中心線よりも左側からで、真下方向に向かって真っすぐおろしてから右側にゆっくり払うように書く。